梨の通販

椎茸、トマト、農産物の生産・通販

やなファームの農産物は準高地で栽培している為、過酷な寒さの環境で育っています。厳しい環境で育った野菜は格別であり、味の幅が広く、深みがあります。トマトに関して言えば、真っ赤な太陽の様なトマトをつくりあげるには、日中と夜の寒暖の差が激しい環境でたっぷりと太陽を浴びなければできません。椎茸に関して言えば杉山の中の湿地帯で栽培し、山を抜ける乾いた風が吹き抜けると、とても奇麗な模様の椎茸が姿を見せてくれます。やなファームでは昔ながらの原木椎茸栽培にこだわっており、椎茸の菌を打ち込むクヌギの木から育てております。原木栽培の椎茸は味、香りが濃厚です。
やなファームではその土地に合った野菜を最高に良い環境の中、栽培する事を心掛けております。

トマト

これでもかというくらいたっぷり太陽を浴びて真っ赤に完熟し、1番美味しいタイミングで食べるトマトは最高に美味しい。

新鮮で1番美味しいタイミングのトマトを1度でも食べてしまうと、病み付きになってしまいます。ふか~い甘みとすっきりとした酸味、そして完熟しても皮、果肉もしっかりしているので日持ちがよいのでとても人気です。
やなファームは標高500mの準高冷地にある為、昼夜の気温の差があります。気温の差は植物の美味しさや色の鮮やかさに大変影響してきます。トマトの美味しさの理由は甘さだけではなく酸味のバランスが重要だと考えます。(トマトに含まれている主な酸味成分は有機酸で、その90%はクエン酸です。)また、トマトはとても繊細な植物で、気温、湿度が適してないと障害を受ける。また潅水量が多かったりするとトマトの実が割れ、少ないと障害果が発生するため、高品質なトマトを育てるには潅水量の細かい制御が必要な作物です。
こうしてできた真っ赤なトマトを収穫し、検品して1番美味しいタイミングで送らせて頂きます。

椎茸

焼いてよし、煮てよし、ダシによし!

やなファームの椎茸は原木栽培にこだわっており、山の中で栽培しております。
原木栽培は菌床栽培に比べ、味、香りが濃厚です。色艶も全然違います。原木椎茸とは自然の中で2~3年かけてようやくできた大変貴重な椎茸です。椎茸を栽培する上で最も年月のかかる昔ながらの方法で栽培を続けております。
椎茸の品種は290(にく丸)といって全国的に最も多く食されている品種で、生と乾燥両方で大活躍する人気の椎茸です。肉厚がすごく、ぷりぷりしており、アワビの様な食感で歯ごたえ抜群です。収穫は1年に春、秋の2回収穫しております。焼いてよし、煮てよし、ダシによし!